やまだ織やまだ織

やまだ織トップページやまだ織トップページ6.png塩沢織物5.png和装商品和装商品5.png企画催事企画催事5.png通信販売通信販売5.png着物画廊着物画廊5.png会社概要会社概要5.pngお問合せお問合せ

越後上布

越後上布

小千谷縮・越後上布は、平成21年(2009年)9月30日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されました。
縮・上布と呼ばれるこの麻織物は、古くから魚沼地方の特産になっています。
寛文年間(1661~1672)に播磨国(今の兵庫県)明石の浪人 堀次郎将俊(ほりじろうまさとし)が、妻の満、けさ・ちよの二子を伴って小千谷に来往し、在来の織法に改良を加えて始めたといわれています。
これに縮を加えたものを小千谷縮といい、平織りのものを上布とよびます。

越後上布越後上布越後上布
原麻である苧麻(ちょま)(からむし)を歯と爪先で細かく裂いて糸を作るのを苧績(おう)みといいます。縮・上布の工程は、この苧績みからはじまって絣(かすり)つけ・染め・織り・さらし・仕上げ等の多くの段階を通って作られます。

雪さらし

指定にあたっては、手績(てう)み・手くびり・いざり機・雪さらし等の古法を要件としています。

「越後上布」素材は麻糸 (国の重要無形文化財指定)
「越後上布」は新潟県南魚沼市(旧塩沢町・旧六日町)内で織られる、盛夏の織物。
国の指定を受ける商品の製法として
1.糸は手紡ぎの苧麻糸のみを使うこと
2.絣の柄付けは手作業で糸を括ること
3.地機(いざり機)で織ること
4.湯もみ・足踏みをすること
5.雪で晒すこと

越後上布越後上布越後上布

二百亀甲絣
二百亀甲絣

お問い合わせ

塩沢の伝統

電子パンフレット

電子パンフレット

特定商取引法に基づく表示

塩沢商工会

牧之通り

南魚沼市観光協会

南魚沼市女子力観光プロモーションチーム

南魚沼いいものガイド

インターウィンドウ株式会社