やまだ織やまだ織

やまだ織トップページやまだ織トップページ6.png塩沢織物塩沢織物5.png和装商品和装商品5.png企画催事企画催事5.png通信販売通信販売5.png着物画廊着物画廊5.png会社概要5.pngお問合せお問合せ

弊社は、新潟県南魚沼市塩沢にある織物企業で大正2年に創業しました。
1,300年の伝統がある重要無形文化財『越後上布』の技術を応用した絹織物(伝統工芸品)に染の技術を導入して、産地生産の半数以上を担い、伝統を守り続けております。
塩沢の代表的織物である本塩沢のブランド名は『雪の中のきれ』です。

会社概要

会社名
本場塩沢 やまだ織
所在地
〒949-6408 新潟県南魚沼市塩沢1507-1
電話
025-782-1121 
FAX
025-782-1120 
創業
1913年(大正2年)

やまだ織のあゆみ

1913年
初代 山田定成
初代 山田定成により『やまだ織』創業
1955年
『越後上布』が、国の重要無形文化財に指定されました
塩沢織物の原点である『越後上布』が、国の重要無形文化財に指定されました
1959年
今上天皇皇后両陛下ご成婚のお祝いとして「本場塩沢絣」を献上
今上天皇皇后両陛下ご成婚のお祝いとして「本場塩沢絣」を献上
1970年
大阪国際万博「EXPO70」
大阪国際万博「EXPO70」に際し、弊社絹布がタイプカプセル内部に格(カプセルの開封は5000年後の西暦6970年予定)
1974年
現社屋完成
現社屋完成
1975年
『塩沢紬』が通産省「現経産省」の伝統的工芸品に指定されました
1976年
『本塩沢』が通産省「現経産省」の伝統的工芸品に指定されました
1980年
弊社絣着尺『本塩沢(雪の中のきれ)』が全国伝統的工芸品展において、総理大臣賞を受賞
1992年
先染絹織物の塩沢産地において、後染の技術を導入し産地に新分野を築きました
2000年
2000年を記念し、経糸に200色の色糸を用いた「本塩沢200色」発表
2007年
弊社絣商品『本塩沢・136亀甲着尺』が全国伝統的工芸品展において日本経済新聞社社長賞を受賞
2009年
当地方輩出の武将「直江兼続」を主人公にNHK大河ドラマ「天地人」が放映されました
2013年
創業100周年を記念し季刊誌『美しいキモノ』春号誌面にて記念商品を掲載
2014年
季刊誌『美しいキモノ』春号にて2年目の取組となる本場筑前博多織の老舗「筑前織物(株)」様とタイアップを行い誌面にて掲載
2015年
ホームページ(www.yamadaori.jp/)を大幅にリニューアル
機織伝習所
やまだ織機織伝習所
旧営業部社屋
旧営業部社屋
高機
高機
いざり機
いざり機

周辺のご案内

牧之通り茶会
やまだ織のある南魚沼市塩沢には、都市景観大賞「都市空間部門大賞」を受賞した「三国街道塩沢宿 牧之通り」があり、多くのお客様で賑わっております。
この牧之通りで、織物の街 塩澤ならではの着物イベントが開催されます。

牧之通り茶会

軽トラ市
JR塩沢駅から牧之通りまでの通り(つむぎ通り)では、5月~11月の第1日曜日に「軽トラ市」が開催され、農産物の生産者直売・加工食品・工芸品などの出店で賑わっております。

軽トラ市

お問い合わせ

塩沢の伝統

電子パンフレット

電子パンフレット

特定商取引法に基づく表示

塩沢商工会

牧之通り

南魚沼市観光協会

南魚沼市女子力観光プロモーションチーム

南魚沼いいものガイド

インターウィンドウ株式会社